ピュアーマリー

殺しのリハーサル

 リチャード・レビンソン & ウィリアム・リンク

「刑事コロンボ」の作者、リチャード・レビンソンとウィリアム・リンクが、1982年にベテラン俳優、ロバート・プレストンを主役にテレビ映画として書き下ろした知る人ぞ知る傑作!! 日本でもNHKで放送され反響を呼びました。物語の舞台は「劇場」、実力派俳優たちが繰り広げるバックステージ物語、鮮やかなどんでん返しと華やかなブロードウェイのライトに浮かぶ役者の陰影。世界中の演劇ファンを魅了してやまない必見の舞台、ミステリーの醍醐味をご堪能ください。

 ストーリー

ブロードウェイのとある劇場、誰もいない寂しさ漂う客席に姿を現す劇作家アレックス。丁度その日は恋人であった女優モニカの一周忌。一年前の今日、それは自らの主演舞台初日、彼女は結婚発表を目前に謎の死を遂げた。彼女の死後、行方をくらましていたアレックスは、この日、昔からの仕事仲間であり、あの舞台の関係者であったプロデューサー、演出家、舞台監督、男優、女優等をこの劇場に招集していた。次々と登場するかつての芝居仲間たちとの再会。しかし皆、実は今日ここに呼び出されたことを訝しんでいた。 自殺と処理された女優の死を殺人事件だったと確信するアレックス、真犯人は必ずこの中にいる。これは、それを暴くための「殺しのリハーサル」なのだ。

 キャスト



  山口馬木也 サヘル・ローズ   津田英佑 峰さを理
  山口馬木也 サヘル・ローズ   津田英佑  峰さを理

  庄野崎謙 太田奈緒 (AKB48) 月船さらら 市川博樹 宮原奨伍 イルファ (平山日和) 神田敦士 愛河みすず
  庄野崎謙  太田奈緒
(AKB48)
月船さらら  市川博樹  宮原将護  イルファ
(平山日和)
神田敦士  愛河みすず 

 スタッフ

脚本 : リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンク
脚色 : D.D.ブルック 翻訳 : 保坂磨理子 演出 : 鈴木孝宏 宣伝美術 : カセテツヤ 制作協力 : 鈴木アートオフィス
キャスティング協力 : オフィスまとば 協力 : AKS / エクセリング / BLUE LABEL / アベベネクスト / ミネ企画 / イルファ / 演劇集団アトリエッジ / 劇団大人の麦茶 / オフィスまとば
プロデューサー : 保坂磨理子 企画制作 : ピュアーマリー 主催 : 全労済

 劇場情報

2018年4月12日 (木) ~15日 (日)
      ★ 全労済ホール / スペース・ゼロ
          ◆ 東京都新宿区代々木2-12-10 全労済会館1階
          ※ JR新宿駅南口徒歩5分 / 京王新線・都営新宿線・都営大江戸線 新宿駅6番出口より徒歩1分
          ※ 地図はこちら

 公演情報

タイムテーブル

 チケット情報

   料金 : 7500円 (全席指定・税込)

ピュアーマリー

| 特定商取引表示 | 公式ブログはフェイスブックに統合させて頂きました | 会社概要ダウンロード |

(C) Copyright pure marry ALL Rights